お片付けに便利 ダイソー シューズBOX

     

ダイソー シューズBOX

ダイソーのシューズBOXが小物類の分類や収納にとても便利です。

しっかりと容量もありますし、上に積み重ねやすいので押し入れ内でもスッキリ収納できるのが気に入っているところです。
1つ300円商品なのですが、もういくつも購入してしまっていまるほどのファン。

見た目は決してオシャレではないですが、実用向きなアイテムですね。

どんな風に使っているのかなどの詳細をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイソー シューズBOXについて

今回購入してきたダイソーのシューズBOX。
本来は靴の収納に使用するケースですが、靴の収納以外の用途にも使わないともったいないです。

ダイソー シューズBOX パッケージラベル

シューズBOX 商品詳細

商品名:シューズBOX(~25cm)
品番:300 収納-TH No.2、KI-18-P12
バーコード:4984355078623
サイズ:(内寸)約 縦17×横27×高さ12.8cm
原材料樹脂:ポリプロピレン
耐熱温度:120度
耐冷温度:-20℃
発売元:(株)大創産業
購入店:ダイソー(収納コーナー)
税抜き価格:300円
購入日:2018年11月

靴の収納ケースではありますが、靴関連のコーナーではなく、収納バスケットなどがあるコーナーにありました。

取っ手のカラーは他にブルーの物もありましたが、こちらのグレーの方が人気の様で数が少なかったです。

見つけられない店舗もあったので、大きな店舗で探してみた方がいいかもしれません。

ダイソー シューズBOXの商品詳細

ダイソーの300円シューズBOXは、25cmくらいまでのサイズの靴が入るサイズです。

ダイソー シューズBOX サイズ感イメージ

ゆったり入れられるように設計されているのか、かなり大きめに感じます。

高さもあるのでわりとかさ張る靴も入れられそうですね。
子供の靴なら2足くらい入りそうです。

蓋もしっかり閉まるようになっています。

ダイソー シューズBOX 蓋はしっかりと簡単にしまる

子供自身でも簡単に開閉できると思います。

しっかり閉まるので、中の物が飛び出してきてしまうようなこともありません。
細かいものを入れておくのにもピッタリです。

ダイソー シューズBOX 取っ手付き

取っ手もついているので、持ち運びも簡単。

取っ手を倒してもフラットになるように設計されているので、縦に積み重ねることもできるんですよ。

ダイソー シューズBOX スタッキング可能

スッキリと収納を整理することができますね。

ダイソー シューズBOX 押し入れ内にもスッキリ収納

押入れの隙間も活用することができますよ。

ダイソー シューズBOXの収納例

我が家ではダイソーのシューズBOXを小物の整理に使用しているのですが、子供のおもちゃ箱としても便利ですよ。

ダイソー シューズBOX 子供のおもちゃの収納

子供が大好きなキャラクター物って、細かいアイテムがたくさんあったりしてゴチャゴチャしてしまいがちです。

キャラクターごとにひとまとめにしておくことで、子供自身でも管理がしやすいみたい。
この箱よりたくさんになったら処分しよう!という風に、お片付けのルールなども作りやすいです。

鼻水吸引器の収納にも使っています。

ダイソー シューズBOX 鼻水吸引器の収納

私が使っている鼻水吸引器の場合ちょっとギリギリサイズだったのですが、届いたままの箱に入れて出し入れしていた時に比べると、格段に使い勝手も良くなりました。

あとはお裁縫箱としても使っています。

ダイソー シューズBOX 裁縫箱代わりに

針やハサミをまとめるケースと、生地や小物類を入れるケースの2つ使っています。

半透明で中身も見えるので、何が入っているケースなのか一目瞭然なのも便利なんですよね。

これのおかげで今までパンパンだった裁縫箱がスッキリしました。

使い勝手最高のシューズBOX

似た感じのケースで工具入れというものもありましたが、こちらのシューズBOXの方には余計な仕切り等がない分、使い方のアイディアも広がりやすく、様々な用途に使えるので便利です。

ただ見た目は決してオシャレではないので、インテリアにこだわる方には目につくところに置いておく収納としてはイマイチかもしれません。

我が家では子供のお片付け習慣のために目につくところに出して使っているケースもありますが、基本的には押し入れないで使っていますよ。