ダイソーでミニサイズのクリスマスツリーを飾りつけ

     

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る

100円均一ショップダイソーで、ミニサイズのクリスマスツリーを作る材料を買ってきました。

ほぼキットのようなものなのですが、ベースに好きなオーナメント(飾り)を組み合わせて作れるので、オリジナルっぽく仕上げることができるようになっています。

でも飾り付けるオーナメントは何でもOK。
くっつけばそれでいいので、手持ちの物を使ってもいいですし、手作りしてももちろんいいです。

今回は飾りもすべてダイソーで揃えましたが、どんな感じのものができるのかの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ダイソーで揃えるミニサイズクリスマスツリーの材料

ダイソーで買ってきたミニクリスマスツリーの材料は以下の通りです。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る 材料

クリスマスツリー作りの材料
ツリーベース ・・・ ×1
オーナメント ・・・ ×10種12個

クリスマスツリーの材料 商品詳細

商品名:ツリーベース
バーコード:4997642122725
サイズ:直径10cm×高さ17.5cm

商品名:ナチュラルパーツ(クリスマスモチーフ 8個)
バーコード:4997642122770

商品名:ナチュラルパーツ コットン 3個
バーコード:4997642096668

商品名:ナチュラルパーツ ウッドモチーフスター ゴールド 6枚
バーコード:4997642096675

商品名:ナチュラルパーツ レッドベリーピック 10本
バーコード:4997642096712

商品名:ナチュラルパーツ ペッパーベリー ホワイト 6個
バーコード:4997642096682

商品名:ナチュラルパーツ ペッパーベリー ピンク 6個
バーコード:4997642096699

商品名:ナチュラルパーツ(ウッドコーン、レッド、5個)
バーコード:4997642122732

商品名:ナチュラルパーツ(パインコーン、スノー、5個)
バーコード:4997642122763

商品名:ナチュラルパーツ(パインコーン、レッド、5個)
バーコード:4997642122749

商品名:グリーンモールガーランド ヒイラギ
バーコード:4997642113259

税抜き価格:各100円

ここまでの材料費で1,300円です。
オーナメントは、多すぎたかと最初は思っていたのですが、最終的に少し余る程度でした。

オーナメントを手作りするなど節約すると、もっとお安く作れますよ。

今回は接着剤として、同じくダイソーのグルーガンを使用しました。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る 接着剤にはグルーガンが便利

ベースは発泡スチロールなので、芯がしっかりしている飾りであればそのまま差し込むことも可能です。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る そのまま差し込めそうな飾り

こういうタイプですね。
これは枝の部分が針金入りでしっかりしているので、長さをカットしてそのまま差し込むことができました。(カットにはペンチが便利です)

ただオーナメントのほとんどは、芯になるようなところのついていないものなので、そういうタイプは接着剤でくっつけていくことになります。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る 接着剤で貼り付けるタイプの飾り

こういうタイプですね。

グルーガンを使用すると、すぐに接着できるのでサクサクと作業を進めることができますが、小さな子供にはグルーガンは危ないです。(溶けたグルーもかなり熱いので注意が必要です!!)

時間はかかりますが木工用ボンドなどでも代用できますし、大きく貼り付けにくい飾りだけ大人がグルーガンでくっつけて、綿やモール類など飾り付けやすいところだけ子供と一緒に飾るという方法もいいのではないかと思います。

ダイソーのミニサイズクリスマスツリーの作り方

ではさっそくクリスマスツリーを作っていきます。
作るといっても、ベースに飾りをバランスよく貼り付けていくだけなので簡単です。

ベースは三角の発泡スチロールです。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る ツリーのベース

これも手作りしようと思ったらできそうですね。
発泡スチロールでなくても、段ボールなどで三角錐(さんかくすい)や円錐(えんすい)を作れば代用できそうです。

ベースのサイズはこれくらいです。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る ツリーベースのサイズ感

裸の状態だとかなり小さく感じますが、飾りをつけるとボリュームアップしますので、玄関にはちょうど良いサイズだと思います。

オーナメントは、まず大きなものから貼り付けていきます。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る 大きい飾りからどんどん貼り付けていきます

全体のバランスを考えながら、最終的なデザインをイメージしつつ貼っていくといいですね。

大きな飾りをくっつけ終わったら、少しずつ隙間を埋めていくように残りのオーナメントを飾って完成です。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る 隙間にどんどん飾りを埋めていって完成です

最初に大きな飾りをつけるところが大変ですが、大きな飾りさえしっかりくっつけばそれが支えになるので、小さな飾りで埋めていく作業はそんなに難しくありません。

飾りつけした後のサイズ感はこうなりました。

ダイソーの材料でクリスマスツリーを作る 出来上がりのサイズ感

ボリュームがでましたね。
なかなか豪華です。

今回は買ってきたオーナメントばかりを使用しましたが、公園でみつけたキレイな落ち葉や松ぼっくりなどをくっつけても素敵ですよ。

どんぐりや松ぼっくりは虫が出ることがあるので、飾りにする前にしっかり煮沸して乾燥させたものを使用するか、冷凍させると良いそうです。
去年はキャンドゥで材料を揃えてクリスマスツリーを作りました。
レビュー記事クリスマスツリーを作る