ダイソー ストレートミニストロー・曲がるミニストロー(個包装)

ミニストロー

我が家でいつもストックしている100均グッズの一つとしてご紹介したいのが「ミニストロー」。
特にどこの100均に売っているものが最高!ということはないのですが、毎日使うので、常に買い置きがある状態にしています。

今回ご紹介するは、ダイソーのミニストロー。
ストレートタイプと曲がるタイプがあったので、両方買ってきました。

トリコロールカラーが素敵ですよね!

スポンサーリンク

ダイソー ストレートミニストローは先が尖っている

まずはベーシックなタイプで、ストレートタイプのミニストローからご紹介します。

ミニストロー ストレートミニストロー180本入り

ストレートタイプとは、つまり曲がるところがないまっすぐなストローの事です。

これが子供のコップにちょうどいいサイズなんですよ。

ミニストロー 子供用コップにちょうどいいサイズ

我が家の子供はコップ飲みはできるんです。
でもなぜかストローで飲みたがるんですよね。特別な感じがするようです。

外ではコップから直接飲めていますし、ストロー一つで子供が楽しめるんならそれでいいかなと思って、ミニストローを買い置きしています。

なぜか子供って水分を取りたがらない時ありませんか?
そんな時にストローをさすだけで飲んでくれたりするので、助かっています。

ミニストロー ストレートミニストロー 先が尖っている

こちらのミニストローの注意点は先が尖っていること。
ストローのついていないミニドリンクを飲む際に便利ではあるのですが、そうでない場合は、喉や目をついたりするととても危ないので気を付けてください。

ストローは、先が尖っていなくても、口に入れたまま転倒するなどして喉に刺さってしまう事故の危険性があります。
ご使用の際はくれぐれも目を離さないように気を付けてあげてください。

ダイソー ストレートミニストローの商品詳細

商品名:ストレートミニストロー 180本
品番:C008ストローNo.61 HR-17-P10
バーコード:4979909938126
材質:ポリプロピレン
サイズ:長さ130mm、直径4mm
耐熱温度:80℃
製造国:ベトナム
発売元:(株)大創産業
購入店:ダイソー
税抜き価格:100円

ダイソー 曲がるミニストローは個包装

続いて同シリーズの曲がるストローをご紹介します。

ミニストロー 曲がるミニストロー100本入り個包装

こちらは先ほどのストレートタイプより割高になっています。

ストレートタイプ:180本入りで100円
曲がるタイプ:100本入りで100円

曲がるからというのもそうなのですが、実はこちらは個包装になっているですよ。

ミニストロー 曲がるミニストロー 1本ずつ個包装

完全に自宅のみで使用する場合は、個包装でもそうでなくてもどちらでも問題はないと思います。
むしろパッケージされていない方が出しやすいという利点もありますよね。

でも個包装されていると、外出時にも持って出れたりと衛生的にも助かります。

あと、こちらの曲がるタイプの方がやや長いというのも違いですね。

ストレートタイプ:130mm
曲がるタイプ:140mm

ミニストロー 曲がるミニストロー パックの飲み物に便利

上記のようなコップで使用する分には、曲がってもストレートでもどちらでもよく、お子さんの好みで決めてもらえればいいのですが(うちの子は曲がる方が好きです)、パックの飲み物に使用する場合は、曲がった方がパック内にストローが落ちてしまうのを防げるかなと思います。

ダイソー 曲がるミニストローの商品詳細

商品名:曲がるミニストロー 100本
品番:C008ストローNo.62 HR-17-P10
バーコード:4979909938133
材質:ポリプロピレン
サイズ:長さ140mm、直径4mm
耐熱温度:80℃
製造国:ベトナム
発売元:(株)大創産業
購入店:ダイソー
税抜き価格:100円

使い捨てミニストローは衛生的

以前、もう少し子供が小さかったころ、ストローマグを使用していました。

ストローマグについているストローは柔らかく、子供の口の中を傷つけないようになっているので重宝したのですが、使用中ずっと気になっていたのがその衛生面。

毎回漂白剤等で消毒していればよいのでしょうが、ストローマグは水分補給のための物ですから、毎日常に使用するもの。洗い替えがあったわけではなかったのでずっと使用している状態で、消毒するタイミングが難しかったです。

なるべくキレイになるように、ストロー部分はしっかり洗っていたつもりではありましたが、それでもやはり中までキレイになっていたかと言われると・・・自信はありません。

使い捨てのミニストローは、硬さがある分ストローマグのストローのような安心感は少ないですが、常に新しいものを使用しているので、衛生面では心配がありません。

当時はストローマグだけを使用していましたが、上手に使い捨てのミニストローを併用して、ストローマグのストローを消毒液するタイミングを作れたらよかったのかなと思います。