ハロウィン仮装 シルクハットとマントを手作り

     

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント

ダイソーに子供のハロウィン仮装グッズを見に行ったのですが、なかなかピンとくるものがなく・・・せっかくなので、今年は手作りしてみることにしました。

材料はそのままダイソーで調達!
フェルトを使ってボンドで貼ってと、手芸というより半分工作のイメージで作ってみることに。

今回は幼児(我が家の4歳児)用のサイズで作りましたので、材料費は500円で済みました。
もう少し大きなお子さん向けに作成される場合は、フェルトの量が増えますがそれでも600円でつくれると思います。

ハロウィン仮装アイテムは人気の物からどんどん売切れてしまうと思いますが、手作り用の材料でしたらギリギリになっても調達できるのではないかと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ダイソーの材料で作るハロウィン仮装(シルクハットとマント)の材料

今回は手芸コーナーにあるフェルトと、ハロウィン特設コーナーに並ぶガーランドを使って、かわいいドラキュラ伯爵をイメージしたマントとシルクハットを作ろうと思います。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント 主な材料

メインとなるフェルトはこちらを使用。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント 黒と紫のフェルト

フェルト 商品詳細

商品名:手洗いOKフェルト
バーコード:(黒)4549131238358(紫)4549131620856
品番:(黒)E008 フェルト No.211、ST-18P-8(紫)E008 フェルト No.250、ST-18P-8
サイズ:約70cm×60cm
材質:ポリエステル100%
発売元:(株)大創産業
購入店:ダイソー(手芸コーナー)
税抜き価格:100円
購入日:2018年9月

このサイズのフェルトは100円均一ショップではなかなか手に入らないので、かなり重宝しています!

今回は黒と紫というハロウィンっぽいカラーを選んできましたが、他にも色々なカラーが揃っていますよ。

シルクハットとマントのベースとなるパーツは、黒のフェルトから取るつもりなのですが、身長100cm前後の幼児サイズでしたら、なんとか1枚で出来ると思います。

それ以上の小学生くらいのサイズになる場合は、念のためベースとなる色のフェルトは2枚用意しておいた方が良さそうです。

マントとシルクハットの飾りはガーランドを使って行います。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント ガーランド3種類

ガーランド 商品詳細

商品名:ハロウィンフェルトガーランド(キャラクター/吊り下げタイプ)
バーコード:(キャラクター)4549131621648(吊り下げタイプ)4549131621662
素材:(キャラクター)ポリエステル(吊り下げタイプ)ポリエステル、鉄、アクリル
長さ:(キャラクター)約120cm(吊り下げタイプ)約72cm~約76cm
対象年齢:15歳以上
発売元:(株)大創産業
購入店:ダイソー(ハロウィン特設コーナー)
税抜き価格:各100円
購入日:2018年9月

ガーランドとは、壁に飾ったり天井から吊るしたりする飾りのことです。
色々な種類が出ているので好きなものを選びましょう。

今回はフェルト素材の物を中心に選びました。
ベースもフェルトなので、違和感なく組み合わせることができそうです。

ガーランド自体は15歳以上が対象年齢となっています。
今回はガーランドとしてではなく、バラバラにしてパーツのみを使うので対象年齢の枠は当てはまらないと判断しています。

これら主な材料の他には、ハサミと物差しとチャコペンシル、木工用ボンドを使用しました。
木工用ボンドはたくさんあった方がいいと思うので、お手元にない場合は同じくダイソーで調達しておいた方が安心です!

ダイソーで手作り シルクハットとマントの作り方

ではさっそくハロウィン仮装で使う、マントとシルクハットを作っていきます。

しかし私は特に手芸が得意なわけではなく、型紙をとれるわけでもなく、今回も100%勘で作っていきますので、詳細な作り方については割愛させていただきます!

帽子のサイズは、以前ご紹介した子供サイズの麦わら帽子を参考に作りました。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント 作っていきます

頭囲はだいたい56cmになるようにイメージ。

丸い形は、コンパスがなかったので直径の長さを頼りに、ほぼフリーハンドで型を作ってなんとかしました(笑)

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント フェルト1枚からマントとシルクハットのパーツを切り出します

フェルトのちょうど半分でシルクハットのパーツを、もう半分をマントのパーツにしましたので、なんとかちょうど一枚に収まりました。

どんどん切り出して、どんどん組み立てていきます。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント 接着はすべて木工用ボンドで

強度を求めるのであればミシンを使った方がいいですが、今回はハロウィンパーティーの1日持てばいいと思っているので、すべて木工用ボンドで接着していっています。(※洗濯すると剥がれます)

木工用ボンドは乾くと透明になるので、ある程度雑に貼り付けても大丈夫!
とにかくしっかりと貼り付けることの方が大切です。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント シルクハットのベースができました

シルクハットのベースができあがりました。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント ハロウィンらしい色合わせのリボン

リボンを紫色にすれば、ハロウィンっぽさがでますよね!

このベースに、ガーランドのパーツを組み合わせて、もっとハロウィンっぽくしていきます。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント 装飾にはガーランドを使用

ガーランドはパーツが欲しいだけなので、紐は切ってバラバラにしてしまいましょう。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント ガーランドはバラバラにします

これをバランスよくシルクハットに貼り付けていけば・・・

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント シルクハット完成

こんなにかわいくなりました!
しっかり乾かして完成です。

続いてマントです。
マントはほぼそのままなので、簡単にできあがります。

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント マントの形にカット

フェルトのちょうど半分を、少しだけカットしてマントっぽくしています。

ここに残りのガーランドと、リボンを貼り付けて・・・

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント マントにリボンとガーランドを貼り付けて完成

マント完成です!

身長約100cmくらいの幼児で、腰上くらいの丈になるようにしています。
(トイレの邪魔になったり、あちこちひっかけると危ないので)

ハロウィン仮装手作り シルクハットとマント ドラキュラ仮装セットが完成

材料費500円で出来たとは思えないくらい、かわいい仮装セットができあがりました!

ドラキュラ伯爵・・・というより、かわいいマジシャンに見えなくもないですが・・・そこらへんは突っ込まないでください(笑)