マスキングテープでクリスマスツリー

マスキングテープでクリスマスツリー

我が家では毎年マスキングテープを使って、部屋の壁にクリスマスツリーを描きます。
子供が毎年喜んでくれますし手軽にクリスマスの雰囲気になるので、毎年ヒマを見つけては壁にペタペタしております。

小さい子供がいるので、クリスマスツリーを飾るのはやめておこうかな・・・というご家庭にもおすすめですよ!

スポンサーリンク

マスキングテープでクリスマスツリーを描く

マスキングテープははがすのが簡単なので、壁に直接貼っても大丈夫なテープ。
ウォールステッカーの代わりに、カラフルなマスキングテープを使って自由にデザインしちゃいましょう!

マスキングテープでクリスマスツリーを描くときに必要な材料
クリスマスカラーのマスキングテープ数種類

色々なカラーのマスキングテープさえあれば、特に他に必要なものはありません。

極端な話、単色で描いてもそれはそれでオシャレだと思うので、お好きなカラーのマスキングテープがあればOKです。

描くクリスマスツリーの大きさにもよりますが、今回描いた感じの大きさだと、マスキングテープは丸々2本くらいはあった方がいいと思います

クリスマスデザインのマスキングテープを使えば、それだけでクリスマスカラーが揃うので、簡単に雰囲気あるマステツリーが描けるかもしれないですね!

マスキングテープでクリスマスインテリア

クリスマスツリーは大きいので、全体のサイズ感を見ながら描いていってください。

クリスマスツリー以外にも、靴とか帽子とか、簡単なものだったら描けますよ。

マスキングテープでクリスマスツリー 靴とか

マスキングテープでクリスマスツリー 帽子とか

見てもらったらわかるのですが、私は特にセンスがあるわけでも器用なわけでもないのです(笑)それでも何を描いたのくらいはわかりますよね?
なんとなく作っても、それなりに何を描いたのかわかる程度の仕上がりにはなるのがマステツリーのいいところです。

マスキングテープでクリスマスツリー ぶきっちょでも大丈夫

たぶんこれは誰がやってもきっと大丈夫なはず!
ハサミものりも使わないので、失敗したらやり直せばいいだけです。

マスキングテープだけで寂しいようなら、クリスマスオーナメントも一緒に貼り付けてしまいましょう!
重いものでなければ、マスキングテープでつければOKです。
参考クリスマスツリーのオーナメントをチェックする

マスキングテープでクリスマスツリーを描く利点

クリスマスツリーを飾ってクリスマスの雰囲気を味わいたいけれど、小さい子供がいると、オーナメントを誤飲したりツリーを倒してしまったりする危険もありますよね。

ちょっと目を離したすきにイタズラされてしまうこともあるので、本物のツリーを出すのが難しいご家庭もあるのではないかと思います。

我が家も息子が赤ちゃんの時に、このマスキングテープツリーを初めてやってみたんですよ。マステツリーならどれだけ子供が小さくても、心配は何もないですからね。

まだ小さかった息子も、壁がカラフルになってとても喜んでくれていたのを覚えています。

お子さんと一緒にやってもきっと楽しいはずですよね!
普段お絵かきしちゃいけない壁ですが、マスキングテープなら自由な発想でデザインできちゃいますよ。

親子でぜひチャレンジしてみてください!
シーズンが終わればはがすだけで、撤去も簡単なので忙しいご家庭にもおすすめですよ。