100均の材料で哺乳瓶スタンド(ラック)

     

100均の材料で哺乳瓶スタンド(調乳スペース)を作る

哺乳瓶を洗った後、乾かしながら保管しておける場所(哺乳瓶ラック・哺乳瓶スタンド)を作りました。

どうせなら哺乳瓶と一緒に使用することの多いミルク缶やその他小物類も一緒にまとめて整理できるように、ラックとバスケットを使ってストッカータイプのものを考えてみることに。

ダイソーで調達した材料費は合計200円。
これで基本的な哺乳瓶スタンドのベースができあがります。

あとは手持ちのアイテムを収納したりアレンジしたりと、使いやすいように調整してみてくださいね!

スポンサーリンク

哺乳瓶スタンドを作るための材料

今回調達してきた材料は以下の通りです。

100均の材料で哺乳瓶ラック ダイソーで買った材料

哺乳瓶スタンド(ラック)の材料
コップスタンド
バスケット

哺乳瓶スタンドを作るための材料 商品詳細

<コップスタンド>
商品名:コップスタンド 6個用
バーコード:4947678028720
サイズ:約19×15×16cm
税抜価格:100円

<バスケット>
商品名:スッキリ収納 ニューバスケット
バーコード:4973430404198
サイズ:幅24.3×奥行34.3×高さ14.2cm
税抜価格:100円

基本的な材料は上記のみです。合計税抜き200円です。
いずれもダイソーで調達しました。

あとはラック下に敷く物(哺乳瓶乾燥中に垂れる可能性のある水滴を吸収してくれるものであればOK)、ホコリ防止用にかぶせるものを必要に応じてプラスしてもらえたらいいのではないかと思います。

100均のコップスタンドは哺乳瓶の乾燥にピッタリ

今回の哺乳瓶スタンドのメインはこちらのコップスタンドです。

100均の材料で哺乳瓶スタンド コップスタンド

100円均一ショップによっては色々なタイプがあるかと思いますが、なるべくシンプルなタイプが使いやすいのではないかと思います。

100均の材料で哺乳瓶スタンド コップスタンドは哺乳瓶の乾燥にもピッタリ

使用する哺乳瓶の本数にあわせて用意すると良いですね。
上記のコップスタンドは6個同時に乾燥できるタイプです。

哺乳瓶スタンドをバスケットにセットして調乳スペース

哺乳瓶スタンドとして用意したコップスタンド。
これをそのままキッチンの洗い場などに置いておいても良いのですが、せっかくなのでミルク缶などと一緒にバスケットにまとめ、調乳スペースとして活用できるようにしました。

100均の材料で哺乳瓶スタンド コップスタンドをバスケットにセット

バスケットは穴がたくさん開いているので通気性も良く、哺乳瓶の乾燥の邪魔になりません。

洗った後、濡れた哺乳瓶をそのまま置きたいので、ラックの下には何か敷物をしておくといいかもしれないですね。

100均の材料で哺乳瓶ラック 哺乳瓶ストッカーのベースが完成

上記ではペーパーナプキンをとりあえず敷いてみています。
こちらも100均で調達。たしかキャンドゥだったと思います。(※購入はかなり前なので詳細については失念いたしました)

上から見るとこんな感じですね。

100均の材料で哺乳瓶ラック 上から見たところ

ラック横にスペースができるようなサイズのバスケットを選びました。

このスペースにミルク缶や、調乳用のお湯が入った水筒などをセットしておきます。

100均の材料で哺乳瓶ラック ミルク缶なども一緒に保管

上記写真内のミルク缶の手前に写っているのは粉ミルクストッカー。
粉ミルクを持ち出す時に活躍してくれているアイテムです。

粉ミルクストッカーの詳細はこちらの記事でレビューしていますので、ご興味のある方はチェックしてみてくださいね。
レビュー記事おやつや離乳食入れにも便利 100均の粉ミルクストッカー(ケース)

調乳しやすい場所に置いておいてもらえればいいと思うのですが、ホコリがかぶらないように、上からガーゼなどをかぶせておくとより安心して使えると思います。

100均の材料で哺乳瓶スタンド ガーゼなどをかぶせておくとホコリ防止に

ガーゼをかぶせておくことでゴチャッとした感じも軽減されるので、見た目もスッキリしますね。

調乳アイテムがひとまとめにできて便利

哺乳瓶やミルク缶は今までもひとまとめにしていたのですが、しっかりしたバスケットにセットしたおかげで、室内での持ち運びが便利になりました。

例えば夜中にミルクを作るときなど、私は赤ちゃんが寝ている側に調乳セットを持って行って作るのですが、バスケットにまとめたことで運びやすくなって助かっています。

哺乳瓶の乾燥も、今までは洗浄後に適当に置いていただけだったのですが、コップスタンドが活用できて良かったです。